賃貸経営の新手法|airbnbを代行するという発想|楽々副収入

airbnbを代行するという発想|楽々副収入

婦人

賃貸経営の新手法

積み木

借り手探しの苦労から解放

アパートやマンションなどの賃貸経営において、最も重要なのは空き室対策です。賃貸経営は非常に安定度の高い資産活用と言われていますが、それは家賃収入が月々確実に得られてこそです。入居率の低い物件にあっては、投資に見合ったリターンを得ることは困難です。空き室を減らし、入居率をアップさせるための対策としては、広告宣伝の工夫、金額設定の見直し、こまめな修繕によって物件を常に良好な状態に保つなどいろいろありますが、こうした対策をすべて実績あるプロの手に委ねるというのも1つの手です。それが、サブリースという経営手法です。サブリースを採用すれば、入居者の募集や日常的な管理業務などはすべて専門の管理会社が代行します。経営に関するアドバイスも受けられます。

月々の収入も安定

サブリースは英語で転貸、又貸しといった意味を持つ言葉です。つまりサブリース方式とは、まずオーナーが管理会社に物件を賃貸する、そして管理会社がそれを入居者に転貸するという二重の賃貸借契約を結ぶことによって成立します。このことから、サブリースにあっては入居者の確保は管理会社が全面的に責任を負うことになります。そのため、仮に空き室が発生しても管理会社からオーナーへ支払われる額が下がることがありません。これを家賃保証、あるいは支払い保証などといいます。家賃保証の額は、おおむね満室家賃の80〜90%です。つまりオーナーは、自ら入居者探しに奔走しなくても、長期にわたって安定した収入を確保できることになります。